太もも痩せ
太ももが痩せたい。太ももが好きな人っているからネ。太ももの画像があってもいいかもしれない。まずは太もものセルライトを何とかしてから画像を取ることにしよう。

スポンサード リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
私は太ももを細くしたい。
うちの高校はスカートが短めだし、もうすぐ夏休み。
太ももを細くしたいのは私だけではない。
友達も太ももを細くしたいと思っている。
友達だけじゃなくて、他の子も太ももを細くしたがっている。
それ以上太ももを細くしなくてもいいのに、と思う人まで太ももを細くしたいと言う。

太ももを細くしたいのは多くの女の子の悩みかもしれない。
「太ももを細くしたいんですけど」と占い師に聞いてみた。
「来月は太ももが細くなっているでしょう。」と言われて嬉しかった。

もうすぐ夏休みか。
彼氏と遊びに行くにも太ももが細いほうがいいし。
その前に太ももが細くないと彼氏ができないかも。
太ももを隠して細くないのをバレないようにしようかな。
でも太ももが細くないのってすぐにバレちゃうだろうな。

本当に来月は太ももが細くなっているのかな。
ビリーのDVDを見れば太ももが細くなるかな。
でもあれで筋肉ついたら太ももが細くならないだろうし。

そうだ夏は浴衣ばっかり着てようかな。
浴衣は太ももを隠してくれるから、細くないのがバレないかも。
花火大会は太ももが細くないのを隠しながらでもいいな。
そんなことを考えているときに、ある男の子からこんなことを言われた。

「太ももが細くなくても、いや太い女のほうが俺は好きだなー。」
これってコクられたのかな?
スポンサーサイト
page top
でもやっぱり痩せた太ももになりたい。
そういう気持ちもどこかにある。
1ヶ月が経つ頃、私は太ももが少し痩せているのに気付いた。
正確に言うと、ブログの太もも画像を見ている人から「少し太ももが痩せたんじゃないですか?」とコメントがあって気が付いたのだ。

確かに占いの通り、最近の私の太ももは痩せてきた。
太ももが痩せはじめても私はブログに痩せた太ももの画像をアップし続けた。

痩せている太ももが好きな人もいる。
今の私の太ももは痩せているとは言えないけれど、以前よりは太ももが少し痩せた。
痩せた太もももやっぱりいいかもしれない。

確かにブログに太ももの画像を載せてからはコンプレックスはなくなってきたけどれ、それまでは痩せた太ももに憧れていたのだ。
太ももが痩せるのもいいじゃない。
痩せた太ももが好きな男もいるんだから。

あれ?!ってことは、太ももが痩せていようと、太ももが痩せていなくても、男にモテればどっちでもいいのかな?
もしかして私って、太ももの痩せる痩せないよりも男によってこられるかどうかのほうが大事なの?

そうかもしれない。
痩せた太もも、痩せていない太もも、それよりも素敵な男に出会えるかどうかのほうが大事なんだ。

今まで太ももの痩せぐあいばかり気にしていて、もっと大事なことに気付かなかったわ。
page top
ブログをアップしながら友達と太ももの話しをした。
太もものセルライトが気になる。

太ももを絞るとセルライトが浮き上がるのだ。
試しに太もものセルライトの画像をアップしてみた。
意味がわからないけれど、太もものセルライトも好きという男のコメントまで現れた。
太もものセルライトだよ?!
太もものセルライトまで喜ばれるの?

A子の太もものセルライト。
B子の太もものセルライト。
C子の太もものセルライト。
みんなの太もものセルライトの画像を載せてみた。
やっぱり太もものセルライトに反応する太ももフェチがいるのだ。

いまや私のブログは私だけが痩せたい、太もものセルライトを減らしたいと言っても、自由は利かない。
太ももセルライトのフェチのニーズも満足させなければならない。

太もものセルライトは少しは取りたい。
でも太もものセルライトを減らしすぎてはいけない。
以前も太もものセルライトで悩むことはあったけれど、今までとは違う太もものセルライトの悩みだ。

でも、今回のブログを通して、太もものセルライトや太ももの太さに対して、嫌な気持ちだけが残るのではないことがよくわかった。
太もものセルライトをだけでなく悩みごとなんてそんなものかもしれない。
悪いと思っていても、実は良い面もあるのかもしれない。
用は受け取り方次第なんだなー。
太もものセルライトありがとね。
page top

さて、大事なことに私は気付いてしまった。
太ももが痩せているかどうかより男のほうが大事。
そうなれば、ひたすらブログに太ももの画像をアップ。

太ももフェチは信じられないくらい増えていった。
最初は太ももフェチは1日100アクセスくらいだったのに、
今は太ももフェチは1日3000アクセスくらいなのだ。
私のブログは太ももフェチからは相当人気があるようだ。

太ももフェチがこんなにもいるなんて。
記事を書くと毎回太ももフェチ達からのコメントがたくさんくる。
なかなか太ももフェチのコメントにレスできなくなってきた。
それほど太ももフェチは多くなってきたのだ。

太ももが痩せてくると、太ももフェチの客層が変わってきた。
そこで私は友達の画像も載せるようになった。
でもそれだけで太ももフェチの数が増えた。

太ももフェチには種類があるようだ。
太い太ももが好きな太ももフェチもいれば、痩せたのが好きな太ももフェチもいる。
太ももフェチにこんなに種類があるなんてびっくり。

それなら多くの太ももフェチの期待に応えよう。
他の友達にも頼んでみた。
「えー、太ももフェチ、こわー」
という人もいて、全員がオーケーではなかったけど、
それでも太ももをアップする人数が増えると確実に太ももフェチの数も増えたのだった。
page top

どうもコクられたわけではなかったみたい。
その男の子は女の子の太ももが好きだったんだって。
ケータイの待ち受け画面も、アイドルの太ももの画像にしていたくらいだった。
確かにケータイの太ももの画像は細くなかった。

太ももの画像はどこで撮ったの?と聞いたら、「あ、これ、ネットで太ももの画像をアップしている人がいたから。」と言ってた。

細くないのに太ももの画像をアップ?
そんな女がいるんだ。
それに太ももの画像が好きな男もいるんだ!?

私はその日、自分の太ももを写メで撮って、自分のブログにアップしてみた。
そうしたら、スゴイ反響!
「もっと太ももの画像を載せてください!」
「太ももの画像が好きです!」
「画像は太ももに限ります!」
私の太ももの画像にこんなにも反応があって、意味がわからなかった。

それから毎日太ももの画像をアップしてみた。
「今日の太もも画像でーす。」って。
太ももの画像を載せないと、「今日は太ももの画像はないんですかー。」と抗議のコメントがあったので、慌てて太ももの画像をアップした。
制服のスカートからのぞく太ももの画像だけでなく、私服のスカートの太ももの画像もアップした。
短パンの太ももの画像もアップした。
浴衣がはだけて太ももがチラリしている画像も載せた。
あまりの好評振りに私の太ももが細くないコンプレックスはどこかに行きかけていた。
page top
Copyright © 2005 太もも痩せ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。